現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九十七夜 夫婦喧嘩 下 03/10

こんにちは、雅です。
先日は私の更新にコメントと励ましのお言葉を頂きましてありがとうございました。
管理人は今日も遅くなるみたいで、頑張ってくれているのは解るのですがどうしてもイライラしちゃいます。
父も母も苦笑いしながら諌めてくれて、子供達の面倒も一緒に見てくれるので
私は大変なんて事はないし、旦那は徹夜で仕事していて大変なのにこんなふうにイラつく自分が情けないです。

こんな時、沙織さんならどうしたのかな?なんて仕方の無い事を思ったりして、それでまた自己嫌悪に……(泣)

ここで愚痴を書いてしまってごめんなさい。
でも、旦那がお前の好きに書けば良いよ、って言ってくれたので後悔はしてません!
さ、更新したら赤ちゃんにおっぱいあげないと!
それでは「夫婦喧嘩」後編、お聞き下さいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む »
スポンサーサイト

第九十六夜 夫婦喧嘩 上 03/09

年度末、である。
自分は現在、雅の実家で暮らしている。
だが、苗字は雅のものではなく、自分の苗字である。

つまり、俗に言うマス夫さん状態だ。

こうなるまでには、まあ世間一般並みの紆余曲折は有ったのだが、
雅の実母である優子さんのお心遣いにより同居する事になり、
お蔭様でとても安定した夫婦・親子生活を送らせて頂いている。
こちらに越して来た後、宮大工氏の紹介により
仕事はかつて一人で暮らしていた時と同じ業種に就く事が出来たのだが、
現在の社長が宮大工氏から自分の紹介をされた時、
「貴方の紹介なら是非も無い。明日からでも来てくれて構わない」
と、自分と面接どころか電話で話もしない内に内定してしまった。
宮大工氏の信用の高さを改めて思い知らされると共に、
彼の顔にドロを塗るような事は出来ないと必死で仕事をこなしている。

で、年度末である。
自分の仕事も巻きが入り、先週末は休みもなくほぼ徹夜に近い状態で職場に詰めていた。
今朝、三日ぶりに家に帰った時の妻の顔と言ったら、まさに怒りのお狐様状態……
お義母さんやお義父さんから釘を刺されていたらしく、文句らしい文句も言わなかったが、
それはそれは凄まじい修羅の貌を見せてくれた。

そんな妻を見ながら、お義母さんが話してくれた宮大工氏と沙織様の”夫婦喧嘩”
あの二人が喧嘩するなど想像も付かなかったのだが、お義母さん曰く
「夫婦なんてね、どんなに睦まじく見えても必ず大喧嘩するものよ。
 あの二人だって決して例外じゃなかったわよ。
 ま、喧嘩の理由は普通だけど、内容は常人とは一線を画していたけどね」

あの二人の夫婦喧嘩……それはある意味、最凶の夫婦喧嘩ではないだろうか?
今回は久し振りに上下に別けさせて頂いた。
下は明日か明後日、雅に更新してもらうつもりだ。

それでは、お義母さんの語りでお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第八十二夜 心の旅 3 08/09

皆さんこんばんは!
沙耶です。
更新遅れてごめんなさい。
週末のキャンプからちょっといろいろとゴタついちゃって。

私の更新は今夜が最後で、次回からはJが復帰します。
それでは、お聞き下さい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第六十六夜 哀しみの樹 04/16

こんばんは、代理人です。
週末はJを見舞いに行ってきました。
しかし、そこには鼻の下を伸ばしたムカつくJが存在していました。
なんと、雅ちゃんが泊りがけでお見舞いに来ていたのです!

晃さんと優子さんも一緒でしたが...
自分と晃さんご夫妻が食事がてら飲みに出掛ける時も、
雅ちゃんはJに付き添っておりました。
さてこの二人、どうなりますことやら...?


唐突ですが、皆様は「ハナノキ」という木をご存知でしょうか?
名の通り、美しく可憐な花を咲かせる大木で、各地で天然記念物に指定されています。
今夜は、自分の実家の近くにある「ハナノキ」のお話をお届けしましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第六十五夜 童子の棲む宿 04/14

こんばんは、代理人・風熊です。
皆様からの暖かいコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
先程Jにも一方入れましたら、
皆様にくれぐれもよろしくお伝えくださいと申しておりました。
本人は両手が使えない状態ですので返信を打つことも
出来ないのですが、非常に勇気付けられ、嬉しかったとの事です。
Jが退院出来るまで早くとも二ヶ月は掛かりそうですが、
出来る限り早く直して管理人に復帰したいと考えている様ですので、
温かい目で見守ってやってください。

さて、今夜は自分が好んで訪れる
東北地方のとある旅館のお話をお届けしましょう。
この旅館はかつては地域の庄屋屋敷だった物を改築した
数百年以上の歴史を持つ風情有る建物です。
また付近には日本の原風景そのものの様な場所が多く残っていて、
適度に鄙びた心休まる場所です。

それでは、お聞きください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。