現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九十五夜 心霊写真 02/24

前回は、寝込んだ自分の代わりに妻に更新をお願いしたのだが、
自分がなんとか回復したのと入れ替わるように雅が寝込んでしまった。
自分の部屋に来るな、と言うのになんだかんだと顔を出すものだからこの体たらくである。
だがしかし、自分の事を心配してくれた上の事なのだからとても有り難く思う。
本当に過ぎた妻だと感謝し、現在は自分が看病している。
と、ノロケはともかく、最近自分は元々好きだった写真、と言うかカメラへの興味が再燃してしまった。
元々は生まれてきた子供達を撮る為に、手放して久しかった一眼レフカメラを風熊のアドバイスを貰いつつ買い求めたのだが、
今では子供を撮る事はもちろん妻や義両親、風景や動物等、そして神社仏閣を撮る事に夢中である。
以前、当ブログ第四十九夜「カメラの記憶」にてお伝えした通り、風熊はカメラに詳しくその腕前は玄人裸足で
彼が知人友人から頼まれて撮影した結婚式や家族写真などは式場カメラマンや街の写真館など足元にも及ばないクオリティで好評な程だ。
ちなみに自分と雅も彼にお願いして撮影してもらっている。
また、以前ここの代理管理人をしてもらった羽沢氏も人物(特に女性)のポートレートに関してはプロレベルである。
風熊はやはり彼の祖父の影響でニコンを好み現在のメインカメラはD3Xと言うプロ用で、
羽沢氏はカメラメーカーには拘らずカール・ツァイスレンズと言うドイツ発祥のレンズの描写に拘り
カメラ事業から撤退したミノルタから引き継がれたソニーのα900と言うこちらもプロ用にカール・ツァイスレンズを装着して愛用している。
もちろん自分はそんな高級カメラを購入する余裕など無いので、
散々迷った挙句義父と共同で使うと言う名目でお金も半分出して頂きペンタックスのK-7と言うカメラを手に入れた。
レンズはキットで付いて来たものの他に、羽沢のたっての勧めでマニュアルレンズではあるがカール・ツァイスのプラナーと言うポートレートレンズを無理して購入し、子供達を中心に撮影している。
実は宮大工氏もカメラを趣味としており、ニコンとペンタックスを愛用しているのも選択の理由のひとつだ。

さて、前置きが長くなってしまったが今夜の話に入ろう。
写真と言えばいつの時代も心霊写真はつきものだ。
風熊にしろ羽沢氏にしろ、長く写真をやっているとそれらしきものは必ず撮ってしまうと言う。
ただ、その内の七割は気のせいかそれっぽくなっているだけ、二割八分は撮影の失敗だそうだ。
人によっては多重露光などを使って偽造してみたりもするだろう。
だが、残り二分にはどうしても説明のつかないモノがあると言う。
今夜は、風熊が撮影した軽井沢・旧三笠ホテルの心霊写真についてお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »
スポンサーサイト

第九十四夜 妖月 02/10

こんばんは、雅です。
私のお話に感想や拍手を頂きましてありがとうございます。
現在私の夫、管理人Jは酷い風邪をひいて一週間ほど寝込んでいますので代理で更新させて頂きます。
夫は私と双子にうつるといけないと言って自分の部屋に篭っていて母が看病してくれているのですが、
本当ならばやはりこういう時こそ夫婦として面倒を看てあげたいものですよね。
子供達が乳飲児で無くもうちょっと成長していれば子供を母に任せて私が看病するのですけれど……
でも、私には愛する夫と可愛い子供達、そして元気で優しい母と父が居てくれて、なんて恵まれているんだろうと再確認してしまいました。
そしてもちろん、宮大工さんや風熊さんと言う頼もしい方々にも大変お世話になっています。

願わくばこの世界の全ての人々にこんな幸せがあります様に、日の本を見護って下さる八百万の神々にお祈りしています。

さて、前置きが長くなってしまいましたが今夜は久しぶりの山男さんのお話です。
彼のお話は短くてもこころに深く残るお話が多くて、その人柄を良く表していると感じます。
それでは、お聞き下さいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第九十夜 猫たちの黄昏 07/13

こんばんは、羽沢です。
今週中に本来の管理人”J”が復帰いたします。
それに従い、自分の役目も終わる訳ですが、
約半年の空白期間を作ってしまった事をお詫びいたします。
本日はお詫びの印、と言う訳ではないのですが、
自分が大変お世話になっている方の娘さんのお話をお届けいたします。

彼女は父親が日本人、母親がフランス+日本のハーフで二十歳になったばかりの
エキゾチックな美形なのですが、自分にとってはオムツを代えた事もある娘の様な存在です。
最近は随分と色気づいて、自分が齢を喰った事をしみじみと実感させられます……
それはともかく、彼女は子供の頃から動物の感情を読み取れる、不思議な能力を持っている様で、
本人曰く「あたしは動物と会話できるんだモン!」との事ですが……?

さて、そんな彼女が最近自分によく聞かせるのが、近頃猫たちが日本の未来に危機感を持っている、
という事なのです。
さて、どういう事なのか、お聞き頂きましょう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第六十八夜 魂宿りし鉄馬 06/02

こんばんは、代理人・風熊です。
裏夜話の一件では皆様からの暖かいお言葉を頂きまして
メンバー一同感謝しております。
また、宮大工氏と沙織様には皆様から頂いた
お二人の御子誕生への励ましのお言葉を届けさせていただきました。
お二人ともとても喜び、感謝しているとの事です。
出産も目前となり、双子とあって沙織様のお腹も大きくなってきておりますが、
正に聖母の趣を湛え神々しさを感じさせられます。
間もなく現世へと生まれ出る二人の御子。
この閉塞し、汚れている日の本を導いて下さる御子となられるでしょう。

さて、今夜は久しぶりの怪奇譚をお届けしましょう。
今年の初め、沙織様に拠って往くべき所へと返った我が従妹、
そして祐樹の姉「葉月」。
彼女も病弱ながら中型二輪免許(今で言う普通二輪)を所持しており、
体調の良い時分にはツーリングへ行った事も有りました。
葉月の愛車は彼女の没後に自分が引き取りましたが、
どんなに整備してもエンジンは掛からず、
自分の実家の倉庫に保管しております。
そしてそのバイクは、最初からいわく付きのモノだったのです...
それでは、お聞き頂きましょう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十九夜 夜鳴石 03/15

さて、今夜は正統派、とでも言うべき怪談を...

日本各地に残る伝説の一つ、夜泣石...
様々な哀しい出来事により、夜になると泣き出すという石である。
しかし、「泣き」はあれど「鳴き」というのは余り聞いた事が無いのではないだろうか...

それでは、久しぶりに山男の語りでお送りしよう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。