現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六十二夜 廃村怪奇譚 下 03/26

先週の修羅場のお陰で、今週は比較的余裕が出た...
また、現在も沙織様の所にお邪魔している美神から、
宮大工氏の親友のお話が入ってきた。
数年間音信不通だったのだが、宮大工氏の結婚を知って
先週末に海外から帰郷してきたのだという。
シブさとカッコ良さに美神は既にメロメロだというその方、
宮大工氏の親友だけ有って相当のタフ&ナイスガイらしい...

さて、それでは今夜もお楽しみ頂こう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »
スポンサーサイト

第六十一夜 廃村怪奇譚 中 03/23

年度末である...
今週はまともに寝ていないが、本日はなんとかこの時間に帰る事が出来た。
それでは、続きをお届けしよう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第六十夜 廃村怪奇譚 上 03/18

さて、今夜からは宮大工氏の中学時代の話をお届けしよう...

この話は、正月に宮大工私宅を訪問してきた
彼の幼馴染の方々から聞かせていただいた...
少年の頃から正義感が強く、ケンカは小学五年生時点で中学生よりも強く、
しかしガキ大将にはならず、弱きを助け強きを挫く男だったとの事...

そんな彼の子ども時代、友人達と山奥の廃村へ冒険に行ったときの話...

それでは、お聞き頂こう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十九夜 夜鳴石 03/15

さて、今夜は正統派、とでも言うべき怪談を...

日本各地に残る伝説の一つ、夜泣石...
様々な哀しい出来事により、夜になると泣き出すという石である。
しかし、「泣き」はあれど「鳴き」というのは余り聞いた事が無いのではないだろうか...

それでは、久しぶりに山男の語りでお送りしよう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十八夜 熊神 03/13

結局、月・火と休みを貰って美神と一緒に宮大工氏宅にお邪魔した。
美神はまだ滞在するという事で風熊と共に残ったが、
自分は先ほど帰ってきた。
正直、自分ももう少し居たかったがそういう訳にもいかない。
風熊も、来週から仕事復帰とのことで明日には戻るそうだ。
自分は、晃さんご夫妻の計らいにより
春休みで帰ってきていた雅ちゃんと仲良くなる事が出来た…

今夜は、雅ちゃんが話してくれた話をお届けしよう…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十七夜 Göttin eines Wolfes 03/10

前回更新してから、丸二日間近く眠ってしまった…
また、今朝突然美神が帰国し、自分の所へやってきて叩き起こされた...
美神は沙織様に遊びにおいでと言われた様で、早く連れて行けと騒いでいるが、
自分は休みも取ってないのでとりあえず彼女を先に送り出そうと思う。
その前に、美神が持ち帰った不思議な話をお聞き頂こう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十六夜 聖女融同 03/08

しばらくご無沙汰してしまった...
クライアントから大急ぎの仕事が入り、
月曜から先ほどまで仮眠以外ぶっ通しで仕事をしていた。
所長も自分も三日で五時間ほどしか寝ていない...

無事に納品し、帰宅してベッドにもぐりこんだが
全然眠くならないので、宮大工氏宅にお邪魔している
風熊からメールで来ていた沙織様のお話をお送りしよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第五十五夜 受け継ぐもの 03/03

さて、今夜は晃さん・優子さんご夫妻関連の話...
宮大工氏の弟弟子にして、稲荷神社の養子である晃さんも
非常に魅力溢れる男性であり、奥様の優子さんも
とても元気な和風美人である。
若くして遠い土地に嫁入りした沙織様にとって
優子さんはとても頼れる姉貴分であり、
また、神としての沙織様を全く意識せずに接する貴重な存在である。
沙織様が本気で甘えられるのは、
宮大工氏本人を除けば優子さんだけでは無いかと思う。

それでは、お聞き頂こう...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きを読む »

第五十四夜 男の闘い 03/02

今夜は、久しぶりに宮大工氏の語りでお送りしよう...
年代的には、宮大工氏が三十代半ばのお話である。
この頃の宮大工氏は仕事に趣味に燃えまくり、非常にアグレッシブだったと言う。
それでは、お聞き頂こう...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。