現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百一夜 望春 04/23

最近、暖かくなって来たと思うとすぐに寒さがぶり返す、と言う状況が続いている……
冬と春の境目が長く続いており、このままだと春から夏が寒くなりそうな予報も出ている。

さて、今夜は自分が仕事でとある山麓の村のクライアント、
元はその地域の大庄屋さんだった家を訪れた時に聞かせて頂いた話をお届けしよう。
その家は先代、当代のご主人共に宮大工氏と昵懇の間柄で、
その地域の寺社は全て宮大工氏の手に寄って保守管理されている。
宮大工氏からの紹介だったので最初からフレンドリーに接して頂き、
仕事の打ち合わせが長引いて夜遅くなってしまった時に泊めて頂く事も有るのだが、
そこの大祖母様がとても自分を可愛がって下さり色々と興味深いお話を聞かせて下さるのだ。
大祖母様の手作りの味噌漬けとお茶を頂きながら囲炉裏で聞くお話は珠玉のものばかりで、
日本の心の話として伝えていくべきだと感じている。

それでは、大祖母様から先日伺ったばかりの季節の変わり目の不思議なお話をお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »
スポンサーサイト

第百夜 化身 下 04/10

このブログを開設して三年半、とうとう百夜を迎えることが出来た。
途中で長期の休止期間など、紆余曲折が有ったとはいえここまでこぎつける事が出来たのは
読者の皆様方の暖かい応援と励まし、そしてメンバー各位のおかげである。
また、本ブログのメインコンテンツともなっている宮大工氏のご協力に拠るところも多大である。
今まで、本当にありがとう。そして、これからもどうかよろしくお願いする次第である。

また、コメントにも寄せられているが、以前百夜を目処にブログの記事を整理・改訂・編集して
書籍化する計画を進めているとお知らせした事が有るが、途中の休止期間が長かった事や
現在の自分の状況では少々時間が取れないこともあり現時点では未定とさせて頂く。
ただ、近い将来余裕が出てきた所で改めて検討するつもりでは有るし、
記事の改訂や書き起こしについては皆様もご存知の羽沢将吾氏に依頼打診し快諾を得ているので、
固まり次第こちらでお知らせして行くのでよろしくお願いする。

さて、それでは「化身」最終話をお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第九十九夜 化身 中 04/05

そろそろ地域によっては春もたけなわ、といった季節であるので期間限定ではあるが本ページも春めいた風情としてみた。
いつまでかはまだ未定だが、自分の地域の桜が散る位まではこのままで行く積りだ。
見辛かったりするようだったら、コメントにて指摘頂ければ対処させて頂こうと思う。

先月の追い込みのおかげで仕事に余裕が出来たので、社長が明後日から週末まで代休を出してくれた。
体の疲れは先週末の三連休で取れているので、雅や子供達と過ごそうと思ったら、義母の優子さんが
「子供達の面倒は見るから、一泊くらいで温泉でも行ってらっしゃい」
と提案してくれた.
せっかくのお言葉だから甘えようかと、さっそくいくつかの温泉地を候補として雅と検討に入ったが、
いくら面倒を見てもらえると言っても乳飲み子二人を遺していくのは気が引けてしまい、
結局半日くらいで近場の日帰り温泉に行って食事をしてくる事にした。
あとの連休は、盛りとばかりに咲き誇る菜の花や梅を見つつ散歩するくらいに止めようかと思う。
そのうち、子供達が動けるようになった暁には諏訪大社や伊勢神宮にも詣でたいと思っている。
そう、なにより伊勢神宮には早い時期に沙織を連れて行かねばならないと、宮大工氏や義父母と相談している。
だが焦らずに落ち着いてその時を待とうと思う。

それでは「化身」中編をお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

第九十八夜 化身 上 04/01

仕事の追い込みでご無沙汰してしまったが、ようやく復帰出来た管理人である。
今日から三日間の有給を取れたが、本日はひたすら眠っており先ほど起きたばかりと言う体たらく。
妻は嫌な顔一つせずに寝かせてくれたが、これでしばらく頭が上がりそうにない……
だが、厳しい仕事を終えて一息吐いた時、暖かい家族が居てくれる事の有り難さを噛み締めながら妻と子供達を慈しもうと思う。

さて、今夜のお話はまもなく七年に一度の大祭「御柱」が行われる長野県・諏訪大社に纏わるお話である。
諏訪大社の起源や祭神には諸説あり、主祭神として上社には建御名方命(たけみなかたのみこと)と八坂刀売命(やさかとめのみこと)、下社には御兄八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)が祭られているがそれだけではなく、どちらかと言うと多種多様な土着神などが本来の祭神とされて崇められており非常に郷土色豊かな、良い意味で日本らしい善き社である。
以前、この社に宮大工氏と沙織様、自分と風熊他数人のメンバーで二泊ほどの旅行へと出掛けたのだが、その際に出逢った興味深き出来事をお聞き頂こう……


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。