現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百一夜 望春 04/23

最近、暖かくなって来たと思うとすぐに寒さがぶり返す、と言う状況が続いている……
冬と春の境目が長く続いており、このままだと春から夏が寒くなりそうな予報も出ている。

さて、今夜は自分が仕事でとある山麓の村のクライアント、
元はその地域の大庄屋さんだった家を訪れた時に聞かせて頂いた話をお届けしよう。
その家は先代、当代のご主人共に宮大工氏と昵懇の間柄で、
その地域の寺社は全て宮大工氏の手に寄って保守管理されている。
宮大工氏からの紹介だったので最初からフレンドリーに接して頂き、
仕事の打ち合わせが長引いて夜遅くなってしまった時に泊めて頂く事も有るのだが、
そこの大祖母様がとても自分を可愛がって下さり色々と興味深いお話を聞かせて下さるのだ。
大祖母様の手作りの味噌漬けとお茶を頂きながら囲炉裏で聞くお話は珠玉のものばかりで、
日本の心の話として伝えていくべきだと感じている。

それでは、大祖母様から先日伺ったばかりの季節の変わり目の不思議なお話をお聞き頂こう……

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~あれはもう八十年以上も前のこと、私(大祖母様)がまだ童だった頃のことじゃ。
その年も今年の様にいつまで経っても春らしくならず、火鉢と湯たんぽを仕舞えんでおっ母がブツブツ言うておった。
わし達子供もええ加減雪遊びも飽いて、よほどのええ天気でも無い限り家ん中で猫とごろごろしとったんじゃが、
ある朝ふと目が覚めると雨戸の隙間からまぶしい光が差しとってのう、玄関を開けてみるとびっくりする様なええ天気だったんじゃ。
時間は多分五時かそこらじゃっただろうが、そうしたらなぜだか急に心が浮き立ってじっとしとられんくなって、
急いで着替えて台所で炊事をしとるおっ母に見付からんようにそーっと家を出たんじゃ。
おっ母に見付かると手伝いをさせられるでのう。
それで、まだ朝もやが残るあぜ道を駆けて近所の子供達の遊び場になっとる神社前の広場に行って見ると、
わし以外にも村の子供たちが数人ほど集まっとって、神社の舞台の前でぽかんと口を開けて呆けとる。
わしが急いで子供達の所に辿り着いて皆が何を呆けとるのかと聞こうとしたら、
「シャン!」と言うそれはそれは綺麗な鐘の音が舞台の上から聞こえてきたんじゃ。
わしが驚いて鐘の音が聞こえて来た方を見ると、それは舞台の上じゃった。
舞台の上には眩しい白と鮮やかな紅袴の、狐の面を着けたの巫女様が二人、両手に金の鐘を持って左右に分かれて正座しとる。
そんで真ん中に黒と金の歌舞伎役者の様な派手な着物を着て太鼓を持った、天狗の面を着けた大柄な男が見栄を切っとった。
それを見たわしも他の子と同じ様にぽかん、と呆け面になってしもたら、突然
「はいーー!」
と巫女様が美しい声を張り上げ、
「いよーーっ!」
と天狗面の男が応えてポンポン、ポンと調子良く太鼓を叩き出した。
巫女様二人もすっと立ち上がり、シャンシャンと鐘を鳴らして優雅に舞いながら男の廻りをぐるぐると回り出す。
男は太鼓を叩きつつその場でくるくると回転し、巫女様が段々と男に近づきながら回り続けていって
巫女様二人が男を包み込む様にまで近づいた時。
「しからばしばらく御免!」
と男が叫び、まるで煙のようにどろん、と消えたんじゃ。
と、突然ぱああーっと明るい光が舞台から溢れて、わしらが目を閉じて驚いとると
巫女様たちの笑い声が聞こえ、舞台のほうからさーっと暖かい風が吹き付けた。
ちかちかする目がようやく元に戻って見える様になった時、もうそこには巫女様も居らんようになって
わしらが呆気にとられながら周りを見回すと、境内の桜が三分ほど咲き出してほんのりとピンク色になっとった。
朝起きた時とよりも更に暖かくなった畦道を友達と一緒に帰り、庭で薪を割っとった爺様に今見た事を話すと
「おお、今年は冬将軍がのんびりしとったんでお春様が痺れを切らして追い立てたんじゃろうて」
と笑ってから、
「ふむ、じゃあもう火鉢を片付けるとするか」
と少真面目な顔になってつぶやいとった。

今年ももしかするとそろそろお春様が冬将軍を追い立てに来るかもしれんなあ。

スポンサーサイト

更新お疲れ様です

当時の世の中の空気が感じられる、いいお話ですね。
舞台での催し物などは、本当に大変な娯楽であり、季節の移り変わりを伝える物だったのでしょうね。

テレビで好きな時に好きな物を見る事が出来て、ハウス栽培で好きな時に好きな物を食べられる、と言うのは
本当にいい事なのかな?とふと考えてしまいました。

タイムリーな良いお話です。
こちらは九州ですが、桜も散ったというのに
春はいずこ?って感じですw

そろそろワタシの街にもお春様に登場頂きたいです。
GW前なのに 寒すぎです・・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/133-38963ce4

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。