現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから、五年。 03/11

こんばんは、管理人”J”です。

一年、進みました。皆さまはお元気でお過ごしでしょうか?

あれから、五年。
失われた魂と、悲しみを得た人々に、安らぎが有らんことを祈ります。


五年を得て未だ落ち着きを見せぬ災いを尻目に、過去のものとして忘れようとする動きが有ります。
自分と仲間たちは、この一年様々な場所で様々な祈りを捧げて来ました。
また、日本、また世界でも祈り続けている方が多くおられる事は確かです。

祈りの数と傲りの数、果たしてどちらが多く、どちらが強くなるのでしょうか……?

それはまさに、のみぞ知る処であるのでしょう。


                【注意】

一年ぶりの更新となりますが、以下、注意事項をお伝えします。

本ブログの記事を読み、ご気分を害される方もおられるようですので、
その様な方はこれ以上お読みになる事無くお戻り下さい。
コメントに何を書くのもご自由ですが、ご自分の発言や表現には心して責任をお持ち下さい。

以上の件をご了承いただけた方のみ、ここから先をお読み下さい。








昨年、書いた直後に記事をロックして、皆様は大変戸惑われた事と思います。
大変失礼いたしました。

あの時、記事をロックしたのには、『伝えるのはまだ早い』と指摘されたからです。
誰が、は申しませんが、恐らくは皆さまがご想像した通りでしょう。

今、この国は史上で最も大きな選択を迫られていると言えます。

TPPや移民問題など、現実的に迫られている問題も多く有りますが、そういったものとは少しだけ違います。
いえ、違いはしますが根元は同じと言えます。

我ら日本人の美しき国、日本。

この国は、あの震災以来タガが外れてしまいました。
金や権力の亡者が姿を堂々と蠢動し、滅びの道を加速し出しました。

それを見てある御方は憤怒し、


『愛し子の最後が愚者の手に掛かり滅ぶのならば、いっそ我が手にて滅ぼさん』


と破滅の秒読みを始められてしまいました。

この国の心ある民は日々祈り、また自分に出来る精一杯の事をしています。
しかし、一歩一歩近づいて来る足音は、鈍らせることは出来ても止めるまでは至りません。
なぜなら、心ある民よりも、そうではない民が多いからです。

この国を守れるのは、我ら国民……神の子たる”民”だけです。
民、一人一人がそれを正確に理解し、お互いを想い、支え合える刻が来るのが早いか、
破滅の刻が訪れるのが早いか……


それもまた、のみぞ知る、のでしょう。


”それ”がいつ来るのか、来るなら言ってみろ(書いてみろ)と言う方がいます。
しかし、そんな事が解る訳など無いし、もし解ったとしても明らかには出来ません。
明らかにしたところで、意味が無いからです。

彼の御方は仰いました。

「全ての民が日々、正しいと思う道を歩めば良い。それが本当に正しい道なのかは、いずれ知る刻が来よう」

と。


我々も己の心に従い、日々を歩もうと思います。
そして、当ブログも正しき道を歩むため、徐々にですが再開して行こうと考えています。

その小さな事が、正しき道を歩む人々を少しでも増やせると信じて。


震災から五年。


あなたは現在、正しいと思える道を歩んでいますでしょうか?


もし、胸を張って「歩んでいる」と答えられないのであれば。

一つずつ、一歩ずつ。
正しい道を歩めるようにして行きましょう。

そう、お互い、に。



.
スポンサーサイト

Re:

一年ぶりにJさんの書かれた記事を拝見しました。
破滅へのカウントダウンですか。
恐らく、大丈夫ですよ。
「世は『生きようとする者』によって成る」のですから。
諦めた側の方は過去を見ていらっしゃる様ですが、我々は前を向いています。

日本人は生きようとしてます。
亡くなられた方の魂までも糧として。
この事は神とて、否定する事は出来ない事です。

乱文失礼しました。

初めてコメントします。
自分も大丈夫だと信じています。
一年前のお話を読んだ時は、『仕方ない』という気持ちでした。
でも、今は違います。明るい未来を信じています。

ブログ再開有難うございます。これからも楽しみにしていますね。



数年ぶりに

なぜかふと気になって開いたら更新されていました。
なぜだろう

初めてコメントさせていただきます。
数年前からお邪魔していましたが、
一年前の記事もロックされる前に
拝見しました。

その時思い出した記憶は、お天道様はみているという事、コソコソ悪事を働いても
天界からはお見通しと...

子供の頃、祖母から言われた言葉です。
私自身もその言葉を胸に刻んで
生きて行きたいと思います。

初めてコメントします。
自分も気になります。
良からぬ事が起きるのでは…

でも、大丈夫!って思える事も確かです。
震災など大変な目に遭われている方々に何もしてあげられないもどかしい自分がいます。
少しずつでもイイので、取り戻して行ければと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/163-e0f48eae

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。