現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十六夜 奇蹟の宴 01/12

今夜も引き続き、お聞き頂こう...

現在、この世に神や仏が有るのか、と問われれば迷い無く"応"と答えられる。
昨年までは少々迷ったかもしれない。

そんな奇蹟を目の当たりに出来た我々は幸せである...

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~宴が始まる少し前、俺は会場の最終チェックをする為に部屋を出た。
旅館の方に任せておけば良いとは思えど、
仕事柄最終的な確認は自分の目でしないと気が済まないのだ。
自分の貧乏性に苦笑しながら会場に向かう途中、
「○○さん・・・?」
と背後から女性に呼び止められた。

振り向くと、上品な中年女性が立っている。
どこかで逢った事が有る。俺の記憶が囁くが、名前と素性は出て来ない。
俺が途惑っていると、女性が微笑しながら話し出した。
「何年振りでしょう...私もすっかりおばあさんになっちゃったから解りませんよね。
 ご無沙汰しております。詩織の母です。」
瞬間、あどけない少女の笑顔が閃く。
白血病に冒されながら、精一杯生き、微笑みながら逝ったあの少女。
「これは!こちらこそ、ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。」
溢れるように戻ってくる記憶。懐かしさと哀しさに、ちく、と胸が少し痛んだ。

「○○さんは本当に変わられませんね。あの頃のまま...」
「いえ、自分もすっかり歳を取りました。もうすっかり中年ですよ。
 おかみさんから色々と伺っておりますが、今はお幸せなんですね」
「ええ、あの時の○○さんのお心遣いは忘れません。
 詩織が微笑みながら逝けたのもみな貴方と、
 ・・・そしてオオカミ様のお陰ですから...」
しばらく、二人は黙った。俺は、そして恐らく女性も少女の事を想い出していた筈だ。
少しの後、女性が口を開いた。
「あ、なにかご用事だったんでしょう。呼び止めてしまって申し訳有りません。」
「とんでもない。また、後ほど旦那様もご一緒にゆっくりお話させて下さい。」
俺は一礼して踵を返し、宴会場へと向かった。

宴会場はきっちりと設えられており、いつでも宴が始められる状態だ。
親方夫妻は既に玄関で弟子達数人とお客様を出迎えている。
俺が女将さんと少々打ち合わせをしていると、
例のお稲荷様の神主さんご家族が現れた。
「やあ、○○さん!この度はお招きいただいて...」
神主さんが上機嫌で喋りだした。どうも、既に少々飲っているようだ。
「ご無沙汰してます。お元気そうですね。」俺の横に優子さん(娘さん)が来た。
「ウチの宿六がご迷惑をお掛けしてませんか?」「まあ、少しは。」
顔を合わせてぷっと噴出す。今では、すっかり兄妹の様になる事が出来た。
「なにか手伝う事、有りませんか?」
「じゃあ、玄関でご亭主と一緒に受付をお願いします」
料理、飲み物、座布団・・・しっかり設えられているが、結局もう一度確認する。
確かに手抜かり無い、と納得して時計を見るともう三時直前だ。
そろそろ、宴席が埋まりだしている。俺は親方を呼ぶ為に宴会場を後にした。

俺はまだ到着していないお客様を迎える為、親方夫妻と交代して玄関に立つ。
本来なら親方が立つのが道理だが、
宴が始まるので一番弟子の俺が代理としてお迎えするのだ。
玄関脇に立ち、まだ到着してない方を名簿でチェックしていると
弟子の一人が呼びに来た。
だが、まだ数人来られて無い方が居るから、と弟子を帰す。
女将さんが用意してくれた茶を啜っていると、今度は優子さんが現れた。
「始まったばかりなのに抜けてきちゃダメですよ」
「いえ、ウチの人からの伝言です。オオカミ様が宴会に来てるって...
 私のところに飛んできて、俺は手が離せないからとにかく兄さんに伝言してくれって」
「・・・そう、ですか」
俺は玄関を出て、空を見上げた。いつの間にか、雪が降りて来始めていた。


スポンサーサイト

あと二話はある予感(`・ω・´)

大神嫁様編が終わりましたら
いずれ弟弟子入り婿編とか宮大工様悲恋編
親方若い頃武勇伝とかもし読めたらうれしいです
(*´∀`*)

多忙とは思いますが そろそろ次なる展開を
お待ちしておりますので 良しなに...

あぁ、時空を超えた愛の物語、早く続きを。。。

皆様、長らくお待たせいたしました。

>>ねねたん様
お待たせしました。お話はもう少し続きます。引き続き愛読下さいませ。
弟弟子入り婿についてもその内掲載予定です。ご期待ください。

>>エビキチ様
お待たせいたしました。ご堪能くださいませ。

>>蔡廉様
ようこそいらっしゃいました。
これからも宜しくご愛読下さいませ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/39-204447fd

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。