現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六十七夜 少女の嫉妬 04/27

ども~沙耶でっす!
さあ明日からゴールデン!ウヒョー!
今夜は既によっぱらーい!!
まだこれから飲みに行きますよあたしは。
イイ男引っ掛けられると良いな~♪

待ち合わせまで時間有るから今回大活躍だった涙ちゃんと私の事でもちょっと書いてきますねー。

あ、業務連絡ですー。
minさん、風熊から伝言有ります。
今回は沙織さんの所に詰めるから、ちょっと合流難しいって事です。
また戻ったらメールしますだそうです。

そりでは行っきまーす!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ちょうど去年の今頃、東京でメンバー飲み会が有って上野で集まりました。
連休だったので結構集まり、初顔合わせな人もいて最初は微妙な盛り上がり。
かく言う私もこんな集まりに来たのは初めてだから知らない顔が多かったけど
まあ呑み始めればいつも通り。
場も盛り上がってきた所で風熊にピトっとくっ付いてる美少女発見。
自分で言うのもなんだけど、私は美少年とか美少女に目がありましぇん。
もう速攻で席移動。
美少女と風熊の間に割って入りました。
「こんばんはー!私、沙耶。お姉さまって呼んで良いわよ♪」
「・・・おい・・・」
風熊がなんか音出してるけど無視無視。
って言うか、前回飲んだ時に酔い潰れた私をホテルの部屋まで送ったのに
なんもせずとっとと自分の部屋行った風熊なんぞに用は無いんです。
近くで見るとすっごい美少女!食べちゃいたーい!!
「ね、名前は?」
「え、る、涙です・・・」
戸惑ってる涙ちゃんの肩を抱きつつ、ほっぺにチュ♪
「きゃうっ!」
カワイイ悲鳴~!もうお姉さま我慢出来ないっ!
今度はお鼻にチュウしちゃうっ!

ポケン!
後ろから甲斐性無しのチョップが入る。
「痛なあ!何よこの不能熊親父!」
その隙に涙ちゃんが風熊の反対側に逃げる。
その向こうではバカ北斗がニヤついてる。ムカつく。死ねばいいのに。
「あのな、お前がショタでロリなのは知ってるが
 いきなりキスは無いだろうが。常識的に考えて・・・」
何が常識よ風熊の分際で。
「へー。じゃ、いきなりじゃなきゃイイのね?」
「おーまーえーはー」
なんか説教始まりそうな雰囲気。ヤダヤダ。
「沙耶、風熊にキスしまーす♪」
「へ?」
んちゅっ!
私は風熊に抱き付き、モロにキスしてやった。
さすがに意表を突かれて動きが止まった風熊の向こうで、
涙ちゃんがおっきな目を見開いてる。カワイイ~♪
と、見る見る涙が溢れ出る。
ありゃ?もしかして?

ピシっ!いきなりなんか音がして、電気が消えた。
停電?違う。窓から見える外は煌々と照明が点いている。
風熊から唇を離した私の目の前に涙ちゃんの顔が有る。
その目は緑色に光っている。っていうか、風熊も北斗も、
その他の皆も止まってる。私と涙ちゃん以外の皆が動いてない。
ヤバッ!こういう娘かいっ!
「あ・あはは。ごめんね!今のジョーク!私と風熊はなんでもないからっ!」
ピシっ!
明かりが戻る。「このセクハラ親父女!なにしやがるっ!」
怒号を上げる風熊にぎゅっと抱き付いた涙ちゃんが私を睨んでる。
こ、コワー!ガクガクブルブル
「ごめんなさい、ちょっとふざけすぎちゃったね」
「ま、まあ解れば良いんだよ。」
素直に謝る私に驚いて鎮まる風熊。

「今、ヤバかったなお前」
いつの間にか隣にいた山男さんがボソッと呟く。
っていうか、私が山男さんに気付いてなかっただけっぽいけど。
これからは、美少女にちょっかい掛ける時には
充分酔わせてからにしようと反省した私なのでした。



スポンサーサイト

沙耶さんはじめまして、コンバイク!これからヨロシク。

ハイテンションな更新
               ∧_∧
オツカレチャ━━━━━━(´∀` )━━━━━━ソ!!!!!
              /     ヽ
             / 人   \\   彡
           ⊂´_/  )   ヽ__`⊃
                / 人 (
               (_ノ (_)

最近、ノロイ系の話よりも、ノロケ系の話に目が行っちゃうのは
私だけ?(´・ω・`)風熊タン、ナニゲニモテテルヤン・・・
まぁ、でも平和が生活のベースである事は何よりです。ハイ。

沙耶さん、連業務絡w了解しました。風熊殿には宜しく。
また、J殿、祐樹さんお二方の早い回復をお祈りしている旨併せてお伝え下さい。
当方は明後日、相方と飛騨方面へ行ってきます。
デハマタッ!(=゚ω゚)ノシ

・・・なんつうか、すげぇテンションだなぁw

しかもカテゴリが「日本/楽」というのも・・・
直感的に「未分類」に入るんじゃねぇのか、とか思ったりもした。
もしくは「日本/怨」w

min様
ご無沙汰しておりました、風熊です。
今回は残念でしたが、また次の機会を是非作りましょう。
また、沙耶からの返信は以下の通りです。

「どもっ!沙耶ですぅ~!
 minさんともヨロシクしたいけど、バ風熊が説教しやがるので
 あんまし書けないかも~?
 minさんからもバ風熊に説教お願いしますね☆」

・・・酔ってなければまあまともな美女なんですがコノバカ女は。
min様、お気を悪くしないで下さいね・・・
あと、自分はホントモテませんので。
涙は気に入ってくれてるみたいですが。
沙耶のバカは酔っ払うとほぼ見境無いので...

それでは、これからもヨロシクお願い致します。


秋野 一様
まあ、酔っ払いのバカ女の書いたモノですのでお見逃しを...
本人は「楽」で気に入ってるとの事なので...
これからも懲りずにご愛顧お願い致します。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/77-63bae41e

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。