現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七夜 誰、だっけ... 11/18


それでは第七夜 女性メンバー"沙耶"の体験談。
彼女は何気に凄い体験を沢山しているが、霊体験と言うよりも不思議体験が多い。
しかし今回の話はオーソドックスな体験談である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の住んでいる某地方都市には、幾つかの心霊スポットが有ります。
オカルト好きな私は友人を誘って探訪しようとするのですが、昼間はともかく夜のスポット巡りに付き合ってくれる子は中々居ません。
そこで、とある掲示板で行われる事になった心霊スポット巡りに参加する事にしました。

待ち合わせ場所の駅前には、数人の男女が集まっています。
初めはかなり警戒していましたがファミレスでダベっているうちに和気藹々となり、車二台に分乗してスポット巡りに出発しました。
トンネルや森林公園等、数箇所のスポットを巡り、ちょっとヘンな写真が撮れたり怪しげな声や物音を聞いたりして大いに盛り上がり〆となる山中の大きなダムへと向かう途中の事です。私達は山道をトボトボ歩いている女性を発見し、用心しながらも私の乗る車のドライバー、Aさんが声を掛けました。「こんな夜中にどうしましたか?宜しければお送りしましょうか?」しかし女性は聞えないかの様にスタスタと歩き続けます。なんかイヤな空気となり、私達は仕方なく再び走り出しました。すると後続の車にのるBさんがパッシングを浴びせて来ます。Aさんが「なんだ?眩しいな」と言いつつ車を停めるとBさんが車を並べて叫びました。「いま、Aさんが声掛けた女が車にしがみ付いてた!」なんか良く解らないのですが、彼の余りの様子に私達もパニくってしまい、急いで麓のコンビにまで逃げました。そこでBさんが話してくれたのは背筋も凍る様な話でした。

Aさんが女性に声を掛け無視された時、Bさん達からは女性が私達の車に乗ろうとした様に見えたそうです。しかし私達が走り出してしまった為、女性はリアフェンダーの辺りにしがみ付く様にして引き摺られてしまったそうでBさんたちは「あいつら何やってんだ!」とビックリしてパッシング。すると、突然女性の姿は消えてしまいパニくってしまったと言う事でした。

私達は流石に気味が悪くなり今夜はお開きにする事にしました。
各々コンビニで買い物したり用を足した後、車に分乗して一応点呼。
そこで私が気付きました。Aさんの車(ランサーEVOⅦ)にはAさん、私(助手席)、Cさん(男性)の三人が乗り、Bさんの車(ハイラックスサーフ)にはBさん、Dさん(女性)、Eさん(女性)、Fさん(男性)の四人が乗っているはずなのに私達の車に四人乗っているのです。私は震えながら、後部座席のCさんに「隣の人、誰ですか?」と聞くと、真っ青な顔をしたCさんが「な、何言ってるんだよ...隣は...あれ...誰、だっけ...?」その瞬間にAさんも私もCさんも車を飛び出しました。

その後明るくなるまで全員でコンビ二にて時間を潰し、明るくなってから恐る恐る帰宅しました。後日、Aさんは車を手放してしまった様です。遊び半分で心霊スポット巡りをしてはいけないと痛感した出来事でした。
スポンサーサイト

がんばってください

テンポ良くお話が増えてゆくので、覗きにくるのが毎日楽しみです。

応援ありがとうございます。
これからも興味深い話を載せていきますのでご期待下さいませ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/8-47b78ab9

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。