現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題:神々の黄昏 06/30

今夜は丑三つ時の更新である・・・

さて、前夜までの「守護卯神」、様々な感想を頂き感謝である・・・
その中で、神道に於いては輪廻転生という概念はないのでは?と言う
お言葉も有ったが、沙織様に拠ればこの世界、つまり我々が属している
物質世界で言う様々な宗教と言うのは結局一つの神々の世界を違う国、
違う立場、違う概念で捉えたものなのだそうだ...

その時代や、時の権力者の意思や、世相状況、そして伝える者によって
見方や表現が変わるだけであり、根源的には一つであると。
どれが正しい、正しくないではなく、元々一つの神々の世界を
人間が様々な形態で見ているだけであると。

沙織様は仰った。
「他人の信じている事、大切にしている事を頭から否定する事。
 自分の信じていることのみを絶対とし、他人を否定し傷つける事。
 これらは最も神を悲しませる事の一つです。
 他人の考えを尊重し、耳を傾け、話し合う事により
 傷付けあったり争う事は必ず回避できます。
 それが、人間の持つ最大の美点なのですから」

野生の動物は生き残る為に戦い、喰い合い、時には同属で殺しあう。
しかし、彼らは自然の生物として純粋に行うだけだ。
人間は唯一、その流れから解放された動物であり、文化を創り出して来た。
混沌の現代、最先端の世界をリードするべき者たちの中には
野生動物と同じ行為を、理性と欲望の上で行う者も多い。
そして、その様な者達をリーダーとして選び出したのは他ならぬ我々一市民だ。
現代を変えていく力を持つのも我々だと言う事に気付き、
神々を悲しませる事無い世界を創りだしたいものである。

いつまでも、神々が悲しんでいるだけとは限らないのだから・・・

スポンサーサイト

深いですな>沙織様のお話
というか。
コレだけの内容のお話を、二十歳前後の身空で
サラリとされてしまう沙織様に超リスペクトw

なんでもかんでも、言葉尻をネガティブに捉えてペシミズムに浸るより、
物事をポジティブに捉え、おおらかに生きていく方がいいんでしょうね。
「それもアリ。そういう考えもアリ」って感じで。

> ゲームについて
そのまんま、「大神」というゲームが存在します。
(発売元:CAPCOM、PS2版)
主人公を護る神様(十二支+1)の中に、兎の神様が居るってだけの話なんですけどね。
ちなみにこのゲーム、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で
大賞を取った作品で、内容的には「日本人ならやっとけ」って感じの内容ですw
興味があれば、お試しアレ。

J様、沙織様ありがとうございました。

現場レベルでは様々な混乱や苦悩が少なからず存在している現状において、輪廻の問題はそれなりの影響を持つ事であった為に思わず質問をさせて頂いてしまいました。
結果的に様々にご負担を掛けてしまいまして申し訳ありませんでした。

秋野様のおしゃられる
>言葉尻をネガティブに捉えてペシミズムに浸るより、物事をポジティブに捉え、おおらかに生きていく
この通りだと思います。
私もまた感情的な書き込みをしてしまいました。
皆様方にはご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

沙織様より頂戴したお言葉を胸に今一度己の在り方を問うてみたいと思います。
ありがとうございました。

秋野 一様
いらっしゃいませ、いつもありがとうございます。
沙織様のお言葉はとても深い事が多く、とても二十歳そこそことは思えません。
自分達いい歳こいたおっさん連中も彼女の前では悪ガキ同然です。
彼女を包み込めるような男は、宮大工氏のみでしょう、きっと。
さて、ゲーム「大神」のご紹介ありがとうございます。
自分はPS2を持っていないので(爆)、友人にでも借りてみようかと思います。
まあ、その前に手を完治せねばなりませんが・・・
これからもよろしくお願いいたします。

sprit様
いつもありがとうございます。
そんなにおきになさらなくても、我々も沙織様も全く気にしておりませんので大丈夫です。
逆に、沙織様はこんなに真剣に神や宗教について議論なさる片が居られて嬉しい、と仰っておりました。
これからも様々なご意見をお聞かせくださいませ。

キリコ様
いつもありがとうございます。
沙織様は返って喜んでおりましたので落ち込まないようになさって下さい。
キリコ様の高い志は、きっとこの世を救う一条の光となるでしょう、と仰っておりました。
これからもよろしくお願いいたします。

キリコ様
貴重なコメントをありがとうございます。
しかし、この件につきましては色々と物議を醸す事になりますので敢てお答えは致しません。お察し下さいませ。

ちょっと一言

直前のコメント欄を見てちょっと気になったので一言。ここを読んでるのは純粋に不思議な話を楽しみたいと思ってる人が多いと思います。個人がどんな思想・信仰を持ったり活動するのも自由ですが、コメント欄とはいえ、自分の思想の押し付けや政治的に利用されかねない偏った内容を啓発めいた書き方で長々書くのはいかがなものでしょうか。よく言うでしょう、政治と宗教の話は人の集まるところでは禁物って。



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/91-fee7b645

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。