現代不思議忌憚異聞録

日本・世界各地・そして宇宙まで我々が見・聞き・体験した摩訶不思議な怪異憚をつらつらと採録して行く。

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八十一夜 心の旅 2 08/02

こんばんは、沙耶です。
私もちょっと忙しくて、更新できなくてごめんなさい。
Jも多忙から開放されましたが、とりあえず私のお話が終わるまでは
待っているというので出来るだけ早く更新しますね。

そうそう、今週末にJ、美神さん、涙ちゃん、私、祐樹さんのメンバー+スペシャルゲスト(?)雅ちゃんで集まる事になり、中部地方のとあるキャンプ場でコテージ借りてワイワイやります!
風熊はバイク乗りのイベントが有るとかでやはり中部地方のスキー場へ行くので泊まりには来れないけど、どっかで合流するとは言ってました。

さて、それでは続きを聞いてくださいネ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~風熊に教わったとおり国道四号線をどんどん北上します。
早朝なのでトラックもあまり居なくて、とりあえず四時間ほど走って車が多くなってきた所で休憩。
モンキーバハの調子は抜群で、とても気持ち良く走れました。
そして、風熊から貰ったスペシャルマップを確認。
私みたいな初心者のへたっぴぃでも安心して走れる県道や市道なんかの裏道マップで、日本全国を原付でも廻った事の有る風熊ならではのありがたいマップです。
これを頼りに、その日は福島まで足を伸ばしました。
ビジネスホテルに泊まり、翌朝も早くから走り出し、夕方には生まれ育った懐かしい山村の近くへ到着しました。
ちょっと離れた町でホテルに泊まり、翌日に行きたい所を考えながら眠りにつきました。

翌朝、なぜか怖くて昔住んでいた家へすぐに向かう機にはなれなくて、とりあえず村の商店街に有る喫茶店に入りモーニングを頼みました。
昔、よく妹と一緒に母に連れてきて貰ったなあ、と思いながらトーストを齧っていると、三人組のお客さんが入ってきました。
常連らしく、マスターと気さくに挨拶しながら私から一つ置いたカウンターへ座ります。地元人ではない私を珍しそうに見ている視線を感じているうち、一人の男が声を上げました。
「あれえ、あんた沙耶ちゃんじゃねえか?」
私は驚いて声の主を見ましたが誰か思い出せません。
「山すそのXXさんとこの沙耶ちゃんだよなぁ?」
男がもう一度繰り返します。
その口調で、私の記憶がさーっと蘇ってきました。
「ケン兄ちゃん!?」
彼は、私が小学校に入学したときの六年生で、新入生や低学年の子の面倒を良く見てくれたガキ大将。私もとても慕い、遊んでもらいました。

今では幼馴染と結婚して実家の農家を継いでいるという彼は村の青年団のリーダーで、相変わらず皆から慕われているようです。
彼は私の同級生や仲の良かった子に連絡を取り、昼は彼の家でちょっとした同窓会の様になってしまいました。
突然だったのにかなりたくさんの友人が集まり、私はとても楽しく、また嬉しいひと時を過ごしました。
そして、その晩はケン兄ちゃんの家に泊めてもらう事になりました。
ケン兄ちゃんの奥さんも当然知っている人で、私の家の近所に住んでいた真由姉さん。そして二人の子供におじいさんとおばあさんも一緒に楽しく夜は更けていきました。
その夜、私が自分の家がどうなったかを聞いてみると、ケン兄ちゃんはちょっと困ったような顔をして「う~ん、明日行って、自分の目で見ておいで」とだけ言いました。

翌日、昼ご飯までゆっくりさせてもらい、私はドキドキしながらかつて住んでいた家へ向かいました。
到着した私の目に飛び込んできたのは、多少痛んではいるものの
昔のままの家でした。
私が懐かしさに涙を流しながら門の前に立っていると、後ろから声を掛けられました。
「ウチになにか御用ですか?」
振り向くと、そこには可愛らしい男の子と女の子を連れた品の良い中年女性が不審げな表情を浮かべて立っていました。
彼女は、振り向いた私が泣いているのを見て、驚いた表情に変わりました。
私は涙を拭いながら答えました。
「突然ごめんなさい。実は、私は以前この家に住んでいた者なんです。
 久し振りにこの村来へたので、ちょっと見に来たのですが懐かしくてつい・・・」
「まあ、そうだったの。私達は二年ほど前から住んでいるのよ。
 もし良ければ、上がってお茶でもどうですか?」
「え!良いんですか!ありがとうございます!」

私は喜び、中へと入れていただきました。
スポンサーサイト

沙耶さん、連続アップお疲れさま~。
モンキーバハ、カワイーですよね。小さいのにすごく存在感があります。
現在も乗ってらっしゃるんですよね?貴重なバイクですので大切にしてあげて下さい。
大きいバイクは乗らないのですか?もし乗られてないのなら、是非中免トライを。
ミニバイクとは、また別の素晴らしさを体感できます。
機会があれば、J殿や風熊殿皆さんと、風を感じたいですね(´ω`*)

明日は祭りの手伝いで通常通り起きないといけないので、今宵はこの辺で。
ところで、キャンプ楽しそうだなぁ。(ノД`)ウラヤマシス。

んじゃまた(=゚ω゚)ノシ

minさん、こんばんは~♪
モンキーバハはまだ乗ってますよ♪
っていうか、持っているって言うのが正しいかな・・・
最近、都内はバイクや原付の駐禁が厳しくて置く場所が無いので、
今は部屋の中に入れてます(TT)
でも、ナンバーも保険も有るので時々乗ってます。
バハちゃんは一生一緒にすごしますよ♪
おっきいバイクも乗りたいけど、免許取りに行くのが(^^;
でも、風熊も取れって言うし、ちょっと気合入れて行ってみようかな?って考えてます。
次回からはJが復帰して、三対目の守護神のお話をアップするつもりらしいですのでお楽しみに~!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kangenpatsu.blog83.fc2.com/tb.php/99-90f13675

 | HOME | 

プロフィール

管理人 ”J”

Author:管理人 ”J”

ようこそ、
現代不思議忌憚異聞録へ。

貴方のお時間を少々、
拝借いたしたく...


管理人代理へのメールはこちらへ...
syogo-hazawa@mail.goo.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アクセスランキング


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。